2014年04月28日

C#でJSONデータ処理


JSONは軽量のデータ交換フォーマットで、人間にとって読み書きが簡単で、
さらにマシンにとっても簡単にパースや生成を行なえる形式らしい。

.NET FrameworkでJSONデータを処理する
http://codezine.jp/article/detail/5868
C#でJSONを読み込むメモ
http://www2.hatenadiary.jp/entry/2013/12/14/030112
C#で連想配列なJSONの読み書き
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-1277.html
C#4.0でJSONを作成する
http://d.hatena.ne.jp/mftech/20101020/1287538602
C#でHTTP経由でJSONを取得して値を取り出す
http://argius.hatenablog.jp/entry/20131113/1384352397
C# JSONをObjectに変換(System.Runtime.Serialization.Json)
http://tryerror.net/tryerror/wordpress/post-201
焦るんじゃない、俺はC#でJSONしたいだけなんだ。
http://qiita.com/exliko/items/98d771dbf25f812cf8d8
方法 : JSON データをシリアル化および逆シリアル化する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb412179%28v=vs.110%29.aspx
JSON形式をC#のオブジェクトにシリアライズ・デシリアライズする
http://okazuki.hatenablog.com/entry/20101217/1292600928
DynamicJson - C# 4.0のdynamicでスムーズにJSONを扱うライブラリ
http://neue.cc/2010/04/30_256.html
posted by rururu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | C#

2014年01月28日

パフォーマンスの良いSQL


よくやっちまうなぁ。うーん。見直ししないとダメっすねー。
・WHEREの左辺で算術演算子や関数を使わない
・ORはある程度絞り込んでから使う
・DISTINCTの代りにEXISTSを使う
・複合INDEXの順番どおりにWHERE句を書く
・範囲検索ならBETWEENを使う
・count(*)よりもcount(列名)を使う
   ・
   ・
基礎から理解するデータベースのしくみ(5)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060111/227105/
【SQL】パフォーマンスの良いSQLを記述 〜全般編〜
http://blogs.yahoo.co.jp/dk521123/28907917.html
DISTINCTは駄目だ、EXISTSを使うのだ。
http://d.hatena.ne.jp/annin102/20060908/1157734624
高度な副問合せの構文
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1209/14/news146.html
SQL文を最速にする11のポイント
http://memo.sonorilo.net/post/187525676/sql-11
SQLチューニングの基礎
http://ameblo.jp/kamyu-kamyu-lemon/entry-10839270475.html
posted by rururu at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SQL

2014年01月15日

統計情報


統計情報はなぜ必要か
http://www.doppo1.net/oracle/tuning/statistics_outline.html
Oracleの統計情報にまつわる頻出FAQ〜概要、確認、収集・取得
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/entry/oraclefaq
Oracleの統計情報を手動で収集する
http://d.hatena.ne.jp/atsukanrock/20090128/1233136182
【Oracle】統計情報を手動で更新する
http://www.ilovex.co.jp/blog/system/systemsolution/oralce.html
Oracleでオプティマイザ統計情報の収集時刻を確認する
http://d.hatena.ne.jp/replication/20131002/1380895949
Oracleで大量データの更新後はオプティマイザ統計収集をしたほうが良い。
http://d.hatena.ne.jp/replication/20130920/1379605413
統計情報の収集による実行計画のチューニング ( DBMS_STATS パッケージ )
http://www.shift-the-oracle.com/performance-tuning/dbms_statistics.html

SQL Server の統計情報
http://blogs.yahoo.co.jp/dk521123/30439950.html
統計情報の更新状況の確認
http://engineermemo.wordpress.com/2012/04/19/%E7%B5%B1%E8%A8%88%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AE%E6%9B%B4%E6%96%B0%E7%8A%B6%E6%B3%81%E3%81%AE%E7%A2%BA%E8%AA%8D/
統計情報の自動更新が ON の時には統計情報を手動で更新する必要はない?
http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2012/04/19/on.aspx
UPDATE STATISTICS (Transact-SQL)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms187348.aspx
統計の更新
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh510198.aspx
posted by rururu at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Oracle

2014年01月09日

データベースに作成されているDDL文を取得


Oracleのすでに存在しているTABLEのDDL文を取得
http://moruho.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/oracletableddl-.html
データベースに作成されているDDL文を取得する(DBMS_METADATA.GET_DDL)
http://oracle.se-free.com/ddl/A1_get_ddl.html
posted by rururu at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Oracle

2014年01月06日

Oracleの主キー/インデックスについて


Oracleは、主キーを設定すると自動的にインデックスが作成されるっぽい。
ユニークインデックスとかいうのもあるらしい。
また、主キーは消し方間違えるとインデックスが消えないっぽい。

[oracle]PKを削除する際の注意事項
http://uzuru.blog129.fc2.com/blog-entry-22.html
主キーとユニークインデックスキーの違いは?
http://www.searchman.info/tips/2430.html
【データベース】主キーとユニークインデックスの違い
http://blog.livedoor.jp/akf0/archives/51384815.html
Oracleでは主キーを設定すると自動的にインデックスが作成される
http://d.hatena.ne.jp/replication/20121217/1355713786
posted by rururu at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Oracle

2013年12月31日

pex:Visual Studio アドイン形式のユニットテストツール


Pex は Microsoft Research が開発した
Visual Studio アドイン形式のユニットテストツール
あらゆる値の入力値に対する出力を検証する物みたいです。
ライセンスに「Non-Commercial Use Only」ってある。
noncommercialは、非営利的な,非商業的なって意味。
ということは、非商用だけで利用してねってことか。
http://research.microsoft.com/en-us/projects/pex/

Pex によるレガシ コードの自動単体テスト
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/ee819140.aspx
Pexを用いたテスト生成の紹介
http://blog.sakura.ne.jp/pages/my/blog/article/regist/input
VS2010 後の世代のプログラミング (2) Pex
http://kazuktnd.wordpress.com/2011/02/24/vs2010-%E5%BE%8C%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-2-pex/
Pex 楽しいよ!
http://odashinsuke.hatenablog.com/entry/20100729/1280406960
C#(.NET)のテストフレームワーク4種の比較雑感
http://neue.cc/2011/03/03_308.html
Code ContractsとPex
http://d.hatena.ne.jp/jamzz/20100207/1265555327
Pex - Microsoft Research が開発したユニットテストツール
http://www.infoq.com/jp/news/2012/10/pex
コードコントラクトと検証
http://kekyo.wordpress.com/2012/02/04/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%A8%E6%A4%9C%E8%A8%BC/
Pex…とりあえずメモ
http://slashcolon.com/wordpress/2008/07/18/pex%E2%80%A6%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%9A%E3%83%A1%E3%83%A2/
単体テスト
http://csharptan.wordpress.com/2011/12/22/%E5%8D%98%E4%BD%93%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88/
基礎からのCode Contracts
http://www.slideshare.net/neuecc/code-contracts-8069150
Pex を使うクラスには、日本語を使わない方が良さそう…
http://odashinsuke.hatenablog.com/entry/20100731/1280575623
posted by rururu at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | C#

2013年12月30日

xUnit.net


xUnit.net
http://xunit.codeplex.com/

xUnit.NETでユニットテストをしてみよう【前編】
http://news.mynavi.jp/articles/2010/07/14/xunit/
xUnit.NETでユニットテストをしてみよう【後編】
http://news.mynavi.jp/articles/2010/07/16/xunit/index.html
xUnitを使用したC#のテストプログラム作成法
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-1061.html
ユニットテストツールもろもろ
http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20081011/p1
xUnit.net 1.5リリース
http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20090907/p1
xUnit.netを使ってみる
http://d.hatena.ne.jp/taedium/20100316/p1
F#入門 ツール編  その1 xUnit.net(1)
http://fsharpandenglishword.blog83.fc2.com/blog-entry-166.html
.NET向けユニットテストの「xUnit.net」がOutercurve Foundationプロジェクトに
http://sourceforge.jp/magazine/13/02/25/0410223
C#(.NET)のテストフレームワーク4種の比較雑感
http://neue.cc/2011/03/03_308.html
VisualStudio 2012で単体テストの実行が遅い場合の対処法
http://posaune.hatenablog.com/entry/2013/10/09/005454
posted by rururu at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | C#

2013年12月23日

.NET用ユニットテスト実行アドイン 「TestDriven.Net」


http://www.testdriven.net/
有料版と無料版があるらしい。
導入時には、NUnitとNCoverも同時にインストールされるみたいです。

TestDriven.net
http://diary-of-paddy.blogspot.jp/2009/10/testdrivennet.html
【VB.NET】単体テスト用アドイン(Test Driven .NET)を利用する
http://blog.livedoor.jp/akf0/archives/51210908.html
TestDriven.NETなど with Orcas
http://konnokiyotaka.txt-nifty.com/pgblog/2007/02/testdrivennet_w_41f9.html
TestDriven.NETの開発環境構築
http://google-android-it.blogspot.jp/2011/02/testdrivennet.html
TestDriven.NETのちょっと便利な使い方(-.-)
http://d.hatena.ne.jp/NAgiler/20060805/1154788492
TestDriven.NETでSetupが動かない
http://euledge.hatenablog.com/entry/20081211/1228979065
TestDriven.NET-2.0.1252
gushwell.ldblog.jp/archives/50236081.html
メソッドの動作テストに便利な TestDriven.NET
http://maasa.cside.com/mxProject/29/testdriven/
テスト駆動開発ツール最前線(後編)
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/tools/nunit22_02/nunit22_02_01.html
TestDriven.NETが新しいマイルストーンに到達
http://www.infoq.com/jp/news/2010/06/TestDriven.NET
TestDriven.NETの使用方法
http://www.crystal-creation.com/software/technical-information/tool/test/nunit/test-driven-net/
VS2008 : 単体テスト用アドイン TestDriven.Net
http://note.miyabis.jp/2009/07/30880692.html
TestDriven.NET  
http://gushwell.ldblog.jp/archives/22575847.html
TestDriven.Net
http://ichiroota.wordpress.com/2007/06/14/testdriven-net/
インストール
http://ahirugumi.net/hiki/?cmd=view&p=TestDriven.net&key=HTML
VisualStudio2005+TestDriven.NETでタグジャンプ可能にする方法
http://banban55.dip.jp/~ragnarok/blog2/?p=109
posted by rururu at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | C#

2013年12月09日

iTextSharp / iText.NET


ConcatPDF / iText.NET
http://sourceforge.net/projects/itextdotnet/
iTextSharp
http://sourceforge.net/projects/itextsharp/

iTextSharpを利用して.NETでPDF帳票を出力する
http://codezine.jp/article/detail/462
[ASP.NET]iText.NETでPDF文書に表を追加するには?
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/319aspgenpdf4/aspgenpdf4.html
iText.NETとiTextSharpの比較
http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20051121/1132557205
(VB.Net).NetからのPDFファイル印刷方法
http://jehupc.exblog.jp/8568978/
【VB.NET】iText.NETを利用してPDFファイルを読み込む
http://blog.livedoor.jp/akf0/tag/iText.NET
SilverlightでPDF - Webサービスとの連携 その3
http://ssroute11.at.webry.info/201105/article_3.html
iText.NET
http://www.fprog.org/~mura-masa/hiki/hiki.cgi?iText.NET
iText.Netでの他言語PDF出力(C#)
http://nantokaworks.com/p141/
画像をPDF出力(C#/VB.NET)
http://kchon.blog111.fc2.com/blog-entry-79.html
PDFファイルを出力するサンプル(VB.NET)
http://homepage2.nifty.com/nonnon/SoftSample/VB.NET/SamplePdfWriter.html
webアプリで某ツールを使わずにPDF出力したい
http://maigo-pg.seesaa.net/article/187232888.html
iText.Net.2005と格闘
http://hiroshi-kawaguchi.com/?p=794
Java用PDF生成ライブラリー iTextの調査
http://blog.antenna.co.jp/PDFTool/archives/2006/02/javapdf_itext.html
posted by rururu at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | C#

2013年12月04日

CROSS JOINとLEFT OUTER JOIN


■データ(JIGYOSHO_MST)
jigyosho_no
1
2
3
4
5
■データ(KUBUN)
zokugara seibetsu honninkazoku
0 0 0
0 0 1
0 0 2
0 1 0
0 1 1
0 1 2
0 2 0
0 2 1
0 2 2
1 0 1
1 0 2
1 1 0
1 1 1
1 1 2
1 2 0
1 2 1
1 2 2
1 0 0
2 0 0
2 0 1
2 0 2
2 1 0
2 1 1
2 1 2
2 2 0
2 2 1
2 2 2
■データ(SHUKEI)
jigyoshi_no zokugara seibetsu honninkazoku kingaku
1 0 0 0 5
1 1 1 1 4
■SQL文
SELECT
A.JIGYOSHO_NO
,A.ZOKUGARA
,A.SEIBETSU
,A.HONNINKAZOKU
,ISNULL(B.KINGAKU,0) AS KINGAKU
FROM
(SELECT
JIGYOSHO_NO
,ZOKUGARA
,SEIBETSU
,HONNINKAZOKU
FROM
JIGYOSHO_MST CROSS JOIN KUBUN) A
LEFT OUTER JOIN DBO.SHUKEI B
ON A.JIGYOSHO_NO = B.JIGYOSHI_NO
AND
A.ZOKUGARA = B.ZOKUGARA
AND
A.SEIBETSU = B.SEIBETSU
AND
A.HONNINKAZOKU = B.HONNINKAZOKU
ORDER BY
A.JIGYOSHO_NO
,A.ZOKUGARA
,A.SEIBETSU
,A.HONNINKAZOKU
■結果
jigyosho_no zokugara seibetsu honninkazoku kingaku
1 0 0 0 5
1 0 0 1 0
1 0 0 2 0
1 0 1 0 0
1 0 1 1 0
1 0 1 2 0
1 0 2 0 0
1 0 2 1 0
1 0 2 2 0
1 1 0 0 0
1 1 0 1 0
1 1 0 2 0
1 1 1 0 0
1 1 1 1 4
1 1 1 2 0
1 1 2 0 0
1 1 2 1 0
1 1 2 2 0
1 2 0 0 0
1 2 0 1 0
1 2 0 2 0
1 2 1 0 0
1 2 1 1 0
1 2 1 2 0
1 2 2 0 0
1 2 2 1 0
1 2 2 2 0
2 0 0 0 0
2 0 0 1 0
2 0 0 2 0
2 0 1 0 0
2 0 1 1 0
2 0 1 2 0
2 0 2 0 0
2 0 2 1 0
2 0 2 2 0
2 1 0 0 0
2 1 0 1 0
2 1 0 2 0
2 1 1 0 0
2 1 1 1 0
2 1 1 2 0
2 1 2 0 0
2 1 2 1 0
2 1 2 2 0
2 2 0 0 0
2 2 0 1 0
2 2 0 2 0
2 2 1 0 0
2 2 1 1 0
2 2 1 2 0
2 2 2 0 0
2 2 2 1 0
2 2 2 2 0
3 0 0 0 0
3 0 0 1 0
3 0 0 2 0
3 0 1 0 0
3 0 1 1 0
3 0 1 2 0
3 0 2 0 0
3 0 2 1 0
3 0 2 2 0
3 1 0 0 0
3 1 0 1 0
3 1 0 2 0
3 1 1 0 0
3 1 1 1 0
3 1 1 2 0
3 1 2 0 0
3 1 2 1 0
3 1 2 2 0
3 2 0 0 0
3 2 0 1 0
3 2 0 2 0
3 2 1 0 0
3 2 1 1 0
3 2 1 2 0
3 2 2 0 0
3 2 2 1 0
3 2 2 2 0
4 0 0 0 0
4 0 0 1 0
4 0 0 2 0
4 0 1 0 0
4 0 1 1 0
4 0 1 2 0
4 0 2 0 0
4 0 2 1 0
4 0 2 2 0
4 1 0 0 0
4 1 0 1 0
4 1 0 2 0
4 1 1 0 0
4 1 1 1 0
4 1 1 2 0
4 1 2 0 0
4 1 2 1 0
4 1 2 2 0
4 2 0 0 0
4 2 0 1 0
4 2 0 2 0
4 2 1 0 0
4 2 1 1 0
4 2 1 2 0
4 2 2 0 0
4 2 2 1 0
4 2 2 2 0
5 0 0 0 0
5 0 0 1 0
5 0 0 2 0
5 0 1 0 0
5 0 1 1 0
5 0 1 2 0
5 0 2 0 0
5 0 2 1 0
5 0 2 2 0
5 1 0 0 0
5 1 0 1 0
5 1 0 2 0
5 1 1 0 0
5 1 1 1 0
5 1 1 2 0
5 1 2 0 0
5 1 2 1 0
5 1 2 2 0
5 2 0 0 0
5 2 0 1 0
5 2 0 2 0
5 2 1 0 0
5 2 1 1 0
5 2 1 2 0
5 2 2 0 0
5 2 2 1 0
5 2 2 2 0
posted by rururu at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | SQL Server