2016年01月21日

ECMAScript 2015(ECMAScript 6)をちょっとずつ勉強 (9)

//*********************************************
// let・constキーワードによる変数宣言
//*********************************************

// IE11、Edge、Firefox43.0.3、Chome47.0.2526.106 mで動きました
//
// ES6から追加される新しい変数宣言の方法で、定数値(constant value)を宣言する時に使用する。
// constを使って宣言された変数には値を代入できなくなる。

const foo = 1;
console.log(foo); // 1

// Edgeでは動きました
// IE11、Chome47.0.2526.106 m、Firefox43.0.3ではエラーになります
//
// letを使うことでブロックスコープの変数宣言が可能になる


let x = 1;
if (true) {
let x = 2;
console.log('x is ' + x); // x is 2
}

console.log('x is ' + x); // x is 1

// Edgeでは動きました
// IE11、Chome47.0.2526.106 m、Firefox43.0.3ではエラーになります
//
// C#を人にはおなじみかな「{}」は

let foo = [1, 2, 3];
{
let foo = [4, 5, 6];
console.log(foo); // [4, 5, 6]
console.log(foo[0]); // 4
}

console.log(foo); // [1, 2, 3]
console.log(foo[2]); // 3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172390249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック